トラックドライバーの場合

ドライバーの求人の中には、比較的トラックドライバーの求人が多い傾向です。トラックドライバーになるには、免許にも様々な種類があり運転するトラックの大きさによっても異なります。この項では、トラックドライバーにとって必要な免許や、働きがい・苦労ポイントについて紹介するので参考にしてください。

トラックドライバーに必要な免許

2017年3月12日から新運転免許制度が始まり、制度が変わったそれ以前に取得した免許とそれ以降に取得した免許では運転できるトラックが変わってきます。2019年現在での免許区分は、1.普通免許(車両…

Learn more

トラックドライバーの仕事のやりがい

トラックドライバーのやりがいは、必要不可欠な存在であるという誇りを持って仕事ができる点です。もちろん全ての仕事は誰かの役に立つものですが、近年トラックドライバーの役割は更に増していると言えます。な…

Learn more

タクシードライバーの場合

タクシードライバーに必要な免許や資格

タクシードライバーになるためには、まず普通自動車第二種免許が必須です。これが取得していない状態でタクシー営業した場合は白タク行為になり法律により罰せられます。この二種免許は持っていない場合でも、タ…

Learn more

タクシードライバーのやりがい

普通にサラリーマンとして営業の仕事や総務の仕事などを毎日もくもくとこなしていても、基本的には働いた分だけのお給料を毎月もらえる会社は少ないです。決まったお給料を受け取ることになって、なかなか歩合は…

Learn more

タクシードライバーの苦労ポイント

タクシードライバーの給与形体は、他の職種と少し違う所があります。ほとんどのタクシー会社は「歩合制」という給与形体を採用しているのです。歩合制とは、本人の業績や売り上げによって給料の金額が変動する制…

Learn more

売り手市場である、ドライバーの求人

ドライバー不足が叫ばれる今、ドライバーの求人は増加の傾向です。ドライバーの有効求人倍率は、3倍を超える勢いです。

トラックドライバーの苦労点

重い荷物を積み降ろし

トラックドライバーの仕事には、配送先で荷物を荷台から降ろしたり、荷台に積んだりする「荷役」がつきものです。宅配のドライバーなら、書籍や雑貨といった軽い荷物が中心になりますが、大型トラックで工場から工場へ荷物を運ぶ仕事の場合は、重い家電や工業用部品を扱わなければいけません。 温度管理が必要な食品や医療用品の場合は、運んでいる最中だけでなく、荷役でも細心の注意と特別な技能が必要となります。うっかりずさんな扱いをしてしまうと、顧客から会社にクレームがくることも……。 このため、基本的には体を動かすのが苦痛でない人に向いた職業となります。腕力に自信がない人は、比較的、重い荷物を扱う機会の少ない宅配のドライバーや、コンビニへ配送するような短距離のドライバーを目指すと良いでしょう。また、一つ一つの荷物を丁寧に扱うきめ細やかさも必要です。

全産業より2割長い労働時間

トラックドライバーは全産業と比べて2割程度、労働時間が長いと言われます。「働き方改革」のために改善が進んできていますが、一般の仕事と同じ水準となるには、まだ時間がかかりそうです。 また、待機時間が長いのも特徴です。荷物を届けたら終わりではなく、顧客の工場や倉庫へ荷物を降ろすため、受け入れ先の準備が整うのを待つ必要があります。時には待機時間が3、4時間に及ぶことも珍しくありません。 このように、トラックドライバーは拘束時間が長い傾向にあります。特に、大型トラックで長距離を走る仕事の場合は、深夜勤務や泊まり込みの仕事も多く、生活が不規則になりがちです。運転席でハンドルを握っている時間に喜びを感じ、長くトラックドライバーとして勤めている人も多いですが、「定時出社定時退勤」を望む人は避けた方がよいでしょう。